スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大騒ぎ。

先日の幼稚園の帰りのこと。
家の前で近所のお友達に会って、きゃっきゃ!とはしゃいで走り回っていた上の娘。
「あっ!」
っと思ったその瞬間。
アスファルトの上で転んでしまいました。
と、同時に
「ぎゃぁ~っ!」
という絶叫。
膝をみてみると、ちょっとすりむいて、血がにじんでいます。
「大したことないから大丈夫よ~」
なんて言ってみても、娘の耳には入らず、絶叫が続きます。
自分で動かないので、抱えて家に連れて帰り、傷の手当て。
痛い痛い!と泣きながら嫌がる娘を尻目に、なんとか水でしぼったガーゼで傷の周りの汚れを落とし、消毒をしようとすると。。。
「ぎゃぁ~っ!それはいや、いや~」
どうやら染みると思っているらしい。
消毒液は諦めて、今度はアカチンキ。(知っている方は知っていますよね?)
「これは染みないからね」
と言いながら何とか塗って、その上に消毒液を染み込ませたガーゼをペタン。(結局消毒液やってるけど~内緒で、です)
その後もしばらく家の中に泣き声が響き渡っていました。

大騒ぎはこれでは収まらず・・・
その日はお風呂も絶対イヤ。そしてなんと2日目のお風呂まで大もめ。
入ってみると、何の事はない。もうしっかり新しい皮ができているので、濡れてもちっとも痛くないのです。
「へへっ」っと照れ笑いの娘。笑えない母。(←だってカサブタできてるから絶対大丈夫!って何度も説明したのに!!30分もお風呂の中で待ってたのに!!)


考えてみたら、用心深い上の娘は、今まで怪我という怪我をしたことがないかも。
自分で体が痒くてかきくだして血を出していることはしょっちゅうだけど。
転びそうな場所では走らないし、幼稚園でも、転んだとしても、土の上なので怪我には至らなかったのでしょう。
うーん。なんだかこういうのも考えものだわ・・・
自分が小さかった頃と比べて、やっぱりいろんな冒険や体験が少ないんじゃないかしら?
まぁ、怪我すれば良いってものでもないけれど。
ちょっと考えさせられる出来事でした。
関連記事

テーマ: ママのひとりごと。 | ジャンル: 育児

生春巻き | Home | アンデルセン公園

コメント

pirokoさん、こんにちは~*
おねえちゃま、災難でしたね~(涙)。
実は、ウチのとんきちも同じタイプです。
小さい頃から転ぶことが少なくって、けがをすることもほとんどなし。
なので、ちょこっと大きく擦りむいて、血が出たりすると『バンドへイド~』(エではなく、ヘというんです、彼…笑)と情けない顔。
幼稚園に行って、ちょこちょこと擦りむいてくるようになりましたが、たぶん、他の子どもと比べて受け身はヘタッピだと…。
いつの日か、大きな怪我をした…なんてことにならないといいのですが。
ホント、安全安全・用心用心ばかりじゃ、考えものですよね(苦笑)。

2007/11/09 (Fri) 14:04 | ママきち #- | URL | 編集
ママきちさんへ

やっぱりとんきち君もですか~同じタイプだと思ってました(笑)うちの娘、バンドエイドすら、はがすときの痛みに耐えられなくて完全拒否。いつもはガーゼで包帯状にするのですが、大袈裟でしょ(苦笑)膝で固定が難しかったし、今回は大騒ぎにこちらもカチンときて、テープで数箇所止めましたが、それはOKで。よくわかりませ~んi-237
バンドヘイドi-235できるだけ、とんきち君のほうが偉いわ!!

2007/11/14 (Wed) 01:28 | piroko #YrGnQh/o | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。