スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お花の妖精

花の

上の子の、水彩の作品。
「お花の妖精」。
ちょうちょが飛んでいるときだけ、妖精さんも飛べるんだって。

これは、おばあちゃんちに行くときにもっていく、おもちゃ箱用の絵。
おもちゃ箱は、お正月休みをおばあちゃんちで過ごして、帰ってきてからすぐに作りました。
(おばあちゃんちに行くと、いとこたちが沢山いて、いつも持ち物がごちゃごちゃになっちゃうから、帰りの車の中で、「今度は自分のおもちゃ箱を持っていって、それに入れるようにしよう!」なんて話していたんです。即、「もう頭の中に、素敵な箱の絵ができてる!」なんていって、張り切って絵の具を用意したのです。)

他の3面にも素敵な絵が。
happy お星様 カップル


3番目のカップルの絵は、結婚式の絵で、
「結婚した男と女(←なんでか、オトコとかオンナとかって言うんですよね)が
沢山の車のなかで、どれに乗ろうか、って考えてるところ。」
ですって。

子供の絵って、パパパって描いているようで、
実はちゃんと一つ一つ、物語がある。
それを聞くのが、また楽しい。

ちなみにおもちゃ箱はこんな風に仕上がりました。
おもちゃ箱
関連記事
上履き | Home | いい夢みてね・・

コメント

pirokoさん、この妖精さんの絵、とっても素敵♪
色がなんともいえず、優しくって、ちゃんとストーリーがあるところがいいな~。
そうそう、子どもって適当に描いていそうで、実はいろいろと考えているんですよね。
大人から見て上手い下手で判断せず、描いたときの気持ちをじっくり聞くと、驚きの発見があったり…。
男の子のとんきちには描けそうもない絵、数年後ののんたんはこんな素敵な絵、描いてくれるかな~。

2008/01/22 (Tue) 11:05 | ママきち #- | URL | 編集

ママきちさんへ
子供の頭の中って、きっとこんなほわほわっとした素敵な空想でいっぱいなんでしょうね。自分も子供のころ、そうだったんだろうけど・・・思い出せないわ~
少しでもこういう風に形に残してくれると、一緒に素敵な夢が見られそう・・・
のんたんも、そのうち、可愛らしい絵とお話をたくさん聞かせてくれるようになるんでしょうね!

2008/01/24 (Thu) 23:37 | piroko #YrGnQh/o | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。