スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハロウィンの衣装

RIMG3207.jpg RIMG3206.jpg

ちょっと話題が遅いですが・・・
先月末、幼稚園のハロウィンパーティーがあって、年長の娘の衣装を手作りしたので記録しておきます。
(写真はドレス好きの下の子です

パーティーは毎年あって、年少、年中はお面、年長はゴミ袋を使って自由に衣装を作ってくることになっています。
自由に、と言っても、材料は幼稚園から決まった量を持って帰り、それだけを使って作る、というもの。

材料を持って帰るなり、娘は
「ぜったいドレスみたいなのがいいの!ドレスに出来る・・・?」

「うーん・・・一晩考えさせて」
と私。

材料は、
ゴミ袋は45Lのもの1枚
色紙(ティッシュのような薄い紙)5枚
リボン 50cm
ホイル紙 オレンジ、黄緑、水色 各1枚
切ったり貼ったりは自由だけれど、他の材料を組み入れることは厳禁。
 

結局前に不織布で作ったお姫様ドレスを参考に、希望通りドレスを作ることに。
上身頃とスカートを、ギャザーを寄せながらテープのりでとめていく作業は手間でしたが、土台だけ作って、あとは娘と一緒に飾りつけ。
残ったゴミ袋で、髪飾り(大きなリボンつきのカチューシャのような)も出来ました。

飾りは、色紙を半分に切ってスカートの裾につけたり、残りの色紙でバラを作って髪飾りにつけたり、
小さく切ったキラキラのホイル紙をスカートの裾や、後ろの身頃を止めるためのリボンにつけたり・・・
娘の発案で、両面違う色で貼り合わせたホイル紙で、羽を作って背中につけたりもしています。

なかなかの力作となりました。

喜び勇んで幼稚園に衣装を持っていった娘。
「もって帰ったら、○ちゃん(下の子)にも貸してあげるから~っ!」
なんて言っていたのですが・・・・

持ち帰ったら、ただのゴミ袋のようにぐしゃぐしゃの姿になってました
キラキラ、苦労してたくさん付けたのに・・・

ま、しょうがないですね。
ただ、下の子は喜んでそのドレスを着てくれているのでま、いっか!って感じです

今後同じようにゴミ袋で衣装をお作りになる方のために一言。
テープのりは便利です!!
そして、普通ののりは、すぐに剥がれてしまうので、テープのりやセロハンテープ、両面テープなどを使って飾りを付けたほうが良いです。
関連記事

テーマ: ハンドメイドと素敵な育児 | ジャンル: 育児

ビオラの剪定 | Home | 手洗いコーナー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。