スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビオラの剪定

「“ビオラ”って剪定するの??」

先日、録画しておいたNHKの趣味の園芸の10月の回を見て、驚きました。
ビオラって、剪定するんですね~。
ご存知だった方もいるかもしれませんが、私的には目からうろこ。
へぇぇぇ~!!の連発。

買ってきた苗は、植えつけてからすぐに、花ごと半分くらい(?うる覚えです)の丈にばっさり剪定したほうが良いんですって。
そのほうが、わき目がたくさんついて、苗が大きくなるそうなんです。

10月中の話なので、11月の今はどうなんだろう?と思っていたら、
番組の中で、
11月でも、苗を植えつけてからしばらく経ってしまった場合でも、花が間伸びしたら、剪定したほうが良い、
との先生の談。
(聞き手の彼女、ほんっとに上手なんですね)
寒くなってくると、だんだん間伸びしなくなってきて、剪定の必要がなくなるのだそうです。

では!!
と我が家でも思い切って剪定してみよう、ということに。
でも、やっぱり勇気がいります。
10日ほどすれば、大きくなった苗から、また花が咲いてくるということなんですが・・・
3日ほど悩んで、今日、空がすっきり晴れて暖かだったので、思い切ってやってみました。
RIMG3309.jpg
若干間伸びしてますよね。
RIMG3310.jpg
ばっさりいっちゃいました!

そうして、切られてしまった花は、かわいそうなのでテーブルに。
後は、剪定後の苗が大きく育ってくれるのを待つのみです。
RIMG3312.jpg
関連記事
秋のコサージュ | Home | ハロウィンの衣装

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。