スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

娘のご飯、その後

先日書いた娘のご飯のこと。
とうとう幼稚園の先生にも腹痛のこと、言われちゃいました。
どうやらお弁当の時間にも家と同じように「お腹が痛い・・・」
が始まるようなのです。
先生は、本当にお腹が痛いのか、それとも食べたくないものがあるのか問いただしたそうで、
そうしたら「・・・食べられなくて・・・」ということなのでした。

食べられないものもちょっと頑張って食べてみよう!
なんて、娘には大きなプレッシャーだったのかもしれません。
まじめな性格なので、嫌なものは嫌と、気楽に残せなかったのかも・・・。

私も家で娘がご飯を食べたがらないと、
頑張って食べないと大きくならないし、お肌のかゆかゆも治らないよ!
とか、
お母さん一生懸命作ってるのにがっかり・・・
とかいいすぎたのかな・・・。

あの小さな頭でいろいろ悩んだのかな・・・と考えると、
胸がギュッと痛くなりました。
反省です。


旦那君とも話し合いました。
そうしたら彼も子供の頃小食で痩せていて、
周りから食べろ食べろと言われて嫌な思いをしたことがあったそうです。
そうして自家中毒になってひどく吐いたりしたこともあったといいます。
(今では食べるなと言われても食べてるほうですが。)

娘と食事について約束事を決めることにしました。
内容はこうです。
  朝・昼はしっかり食べよう。そのかわり夜は食べなくてもいい。

夜食べなくてもいい、というのはどうかと思ったのですが、
ご飯の時間が嫌いで、できれば食べたくないという気持ちが
話し合いの中でうかがえたので、こういうことになりました。

私も栄養のことなど、今は考えないようにして、
まずは食事の時間を楽しく過ごせるように考えることにしました。
ご飯の盛り付けも少量。そして嫌いなものは極力皿に乗せないようにしました。
夕食は、声を掛けて、食べたくなければ無理強いしないように。
お腹が空けば、自分から食べたがるようになるかな、と。

私がときどき目を通す育児書(「育児の百科」松田道雄著)に、
  この頃はご飯を食べないからといって気にすることはない。
  牛乳や果物を摂っていれば心配することはない。
  食べるものを食べさせなさい。
  テーブルに縛り付けておかないで、どんどん外で遊ばせれば
  お腹も空き、そのうち食べるようになる。

というようなことが書いてありました。

そうかそうか。幸い娘は牛乳は大好き。果物も大好き。
心配しなくて良いのか。
ちょっと安堵しました。
(私はこの育児書の、とてもおおらかな考え方に今までも何度も助けられています。)

いろいろな考え方があると思いますが、
とりあえずこれでしばらくやってみようと思っています。



追記
文中で紹介した「育児の百科」ですが、現在は手に入らないようですね。
最初は「こういうマニュアル本みたいのってどうなんだろう?それに古そうな感じだし」と思ったのですが、読んだら全然そんなことありませんでした。
とても分かりやすく書かれているし、何より著者の目線が暖かく、勇気づけられることもしばしばです。
内容もきちんと改訂されていて、時代と合わないといったことは無いように思います。
それもそのはず、著者の松田先生は、常に診察の現場に身を置き、お母さん達と話をしつづけることを信念にされていたようです。
現在お亡くなりになっているため、改訂はされなくなってしまいました。
そのため普遍の部分をまとめ「定本」とされたそうです。
…が、なぜかこのような素晴らしい本が現在増刷されずに廃刊状態に。
ぜひ増刷して再び世の中に出てきて欲しいと思います。

ただ、一応↓のようなCD-ROM版はでているようです。
[定本]育児の百科 [定本]育児の百科
Array (2005/07/22)
ロゴヴィスタ
この商品の詳細を見る



関連記事

テーマ: 子育てのつぶやき | ジャンル: 育児

あさえとちいさいいもうと | Home | ちりめん山椒

コメント

初めまして

履歴からきました(^_^)
ご訪問ありがとうございます。
ウチも年少の娘がおりますが、
ご飯ぜんぜん食べませんよ~。
もう、最近はあれこれ言わず、
「元気に生きていればヨシ!」
って感じになってます(^^ゞ

2006/09/13 (Wed) 12:45 | Dayco #- | URL | 編集

Daycoさんへ
コメントありがとうございます!
この時期ってそんなものなんでしょうかね~。友達がよく食べる子ばかりだし、体格のこともあって焦っていたのかもしれません。確かに「元気に生きていればヨシ!」ですね!

2006/09/13 (Wed) 21:24 | piroko #YrGnQh/o | URL | 編集

こんにちは。
うちの娘は偏食がひどいですよ~。食べたくないおかずの時は、ふりかけご飯で済ませてしまう事も度々…。
自分の子供時代を振り返っても、やはり野菜が苦手で仕方なく嫌々食べていたし、子供ってそんなものかなと思って半分諦めています。時が経てば食に対する関心も高まるかな、と期待もしています。

ところで、松田先生の御本はやっぱりいいですか?私も読んでみようかな…e-317

2006/09/14 (Thu) 09:33 | トム・キーナ #DA0IUT7w | URL | 編集

pirokoさん、おはようございま~す*
子どもって楽しいだけの世界に生きているようで、実はたくさんのストレスを抱えているんですよね。
親が子のために・・・と一生懸命になっていることで余計に考え込み、沈み込んでしまうことも。
私もとっても聞き分けのいいとんきちと4年間過ごし、なんでも良かれと思って勧めてきたことに対して、最近はもう少し見守る時間を持とうと思うようになりました。素直なので何でも受け入れてはくれるのですが、反対に自分の意見を出すことがなくなっては大変ですものね。
pirokoさんのお家は、こういうときにもしっかりご夫婦で話し合い、悩むお嬢さんとも落ち着いて話ができるので、改善される日はすぐやってくるでしょうね。
悩んでふさぎこむよりも、楽しく過ごすほうが心身ともにしっかり成長できますもの!

2006/09/14 (Thu) 10:53 | ママきち #- | URL | 編集

トム・キーナさんへ
やっぱり子供の食事ってそういうものなんですね。気長に待つしかないですねi-239
松田さんの本、私にはとても相性が良いようです。分厚いですが、生活の様子や気をつけることが月齢ごとに書いてあるので、成長に応じて目を通したり、悩んだときに読むようにしています。子供を客観的に見ることができるような気がします。

ママきちさんへ
確かに子供もストレスを抱えているんですよね。うちも聞き分けが良すぎるところがあるので、余計と気をつけてあげないと駄目なんでしょうね。
約束事のおかげで私も気分的に楽になりました。食べたいものがあるときには結構娘から寄ってきますしi-179これからも夫婦で暖かく見守ってあげたいと思います。

++コメントを下さった方へ++
みなさんのコメントで気持ちが楽になりました。本当にありがとうございます!

2006/09/14 (Thu) 20:44 | piroko #YrGnQh/o | URL | 編集

うちの上の子ね、一時期、食事のたびにお腹痛いって言っていたことがあった。
ほんと小学校にあがるまで、しょっちゅうあったのよ。
そういえば言わなくなったなぁってこれを読んで思った。
結局うちの場合なんだったのか...よく食べる子だったし...あ、でも無理に頑張っていたのかなぁ。
わからなくなりました(汗)
でもちゃんと夫婦で考えて、解決へ向けて動いて、すごいです!!

ええと、私リンクしているかと思っていたのですが、リンクしていませんでした。
リンクしていきますね!!

2006/09/14 (Thu) 23:43 | ともすけ #FMbcT0h. | URL | 編集

これを読んで反省です。うちの子はよく食べるほうなんでちょっと違うかもしれないけど、私は食べないとしかってたなあ~。子供と話し合いをするとかそんなこと考えられずに、頭から押さえつけてたかも。pirokoさんの大らかさ、尊敬します。

2006/09/15 (Fri) 10:29 | narumin.n #- | URL | 編集

うちの子もめちゃくちゃ小食でしたよ^^;
でも「食べなさい」とは言わなかったです。
私自身が子供の頃ほんとめちゃくちゃ小食で痩せてましたから母に「これだけ食べないと終わらせませんよ!」なんてしょっちゅう叱られててすごくイヤだったので、我が子があまり食べなくても言わないように頑張りました(>_<)
お腹が空けば食べるだろうし小食で死にはしないだろうと大雑把に考えて乗り切りました。
小学校になって給食になり、気づくともりもり食べる子に成長してましたよ(^^♪
長女も次女も同じ経過をたどりました。
食が細くなる時期ってのがあるんじゃないかなぁ?運動量=食事量なのでは?と私は思います。小学校へあがると運動量がガン!と上がりますからね。長い目で成長をみてやればいいんじゃないでしょうか(^o^)丿
小3と小1のママより☆

2006/09/15 (Fri) 17:24 | nao #Nu5L0MDk | URL | 編集

ともすけさんへ
うちもそのうち「そういえば・・・」って感じになるんでしょうね。早くもお腹いたい!というのが減った気がするしi-179
わたしもリンクさせていただきます、よろしくお願いします!

naruminさんへ
その子その子で合うやり方というのが違うんでしょうね。子育ての答えは一つではないといいますが、まさにその通り。だからこそ、悩んでしまうのですが・・・。
なんにせよ、愛情を持っていれば悪い方向には行かないと信じています。

naoさんへ
そうなんですよね、小食で死ぬことはない!小学校にあがる頃には・・・いやいや、とにかく元気に育ってくれればいいですよねi-228

2006/09/16 (Sat) 21:39 | piroko #YrGnQh/o | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。