スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジューンベリー ジャム作り

P1020919.jpg
日曜に収穫したジューンベリー。
量もたっぷりあるし、早速ジャムを作りました。
作り方は毎年同じ。
今回はソースのように、ゆるめに作ってみました。
(アイスにかけたりヨーグルトにかけたり・・・ソースのほうが何かと使いやすいのです。我が家の場合。また、ジャム大好きな娘達の手にかかるとあっという間になくなってしまうので。。。)

毎度の悩みですが、やはり種取りは肩の凝る作業です。
でも、裏ごししてしまうのももったいないし、実のつぶも残したいし・・・で、何か良い方法はないものか悩みつつも、鍋に仕上がったジャムの中に水を投入。そしてお玉で軽く実をつぶしながら、浮いてきた種をすくっています。
最後にもう一度ふつふつと煮て出来上がり。
熱いうちにきれいな瓶に入れて、保存します。



長期保存の仕方。
みさなん、どうやっているのかしら・・・?
我が家の場合、ジャム作り同様、愛読書「ギオさんの台所だより ふだん着のイタリア料理」に習って、
“古タオルや新聞にくるんで2日間そのままにします。
そして、蓋を開けてみて、簡単に開かなければしっかり密封できた証拠。すぐに開くようならそのまま冷蔵庫で2週間以内に使い切る”
を実践しています。
たけのこを茹でたときも同じ。一度さめてしまったら、瓶のまま鍋で沸騰させて、その後同じようにしています。

でもこれからの時期、暑さはやはり心配なので、床下や地下室がない我が家では、密封できた瓶も野菜室に入れています。
まぁ、そうこうしてるうちにすぐ食べきってしまうんでしょうけれど・・・・

P1020920.jpg
関連記事

テーマ: 樹木・花木 | ジャンル: 趣味・実用

休日のお父さんレストラン | Home | ジューンベリー 収穫

コメント

おいしい庭のある生活、いいですねー。
しあわせな様子がブログから伝わってきて
こちらもしあわせな気持ちになりますv-344

ジューンベリーのフルーツソースおいしそう☆
種が取りの方法
いつか自分で作るときの参考にします(^-^)
 
こういうビン詰めの方法もあるんですね。
わたしは煮沸消毒してました。
張り切って消毒したのに
短期保存でおなかに入ってしまうことも
多いですけど(^_^;)

2010/06/11 (Fri) 14:12 | ゆうそら #- | URL | 編集

**ゆうそらさんへ
煮沸消毒ですか。瓶ごとかな?
うちもゆうそらさん宅と同じで、保存するまでもなく、なくなってしまうタイプです(笑)もっともっと保存できるくらい収穫できるようになれば・・・・!!!食いしん坊の夢です(笑)

2010/06/12 (Sat) 06:12 | piroko #YrGnQh/o | URL | 編集

再びお邪魔します。

煮沸消毒、わたしの(母の)場合です。
①ビン、ふた、スプーンなどジャムに触るすべてのものを5分間煮沸します。
(哺乳瓶のときみたいです。)
②やけどに気をつけて乾いたふきんに伏せて水切りをします。
③ビンが熱いうちに熱いジャムを7分目くらいの量入れます。(重要!)
④ビンの口をきれいな布で拭いてふたを閉めます。
⑤深めの鍋にお湯をたっぷり沸かし、その中にふきんを沈め、その上にビンを沈めます。
⑥10分以上沸騰させて、乾いたふきんの上に取り出します。
⑦冷めたらふたが簡単に開かないことを確認して終了です。

ちょっと手間ですが
ここまでやれば常温で保存できると思います。
(棚の奥に隠れてた5年物のジャムも
だいじょうぶでしたから・・・。)

2010/06/14 (Mon) 13:03 | ゆうそら #- | URL | 編集

**ゆうそらさんへ
おおっ!すばらしいっ!
5年も保存できるものなんですね~
我が家でもぜひ実践してみようと思います。ありがとうございます!!

2010/06/15 (Tue) 06:21 | piroko #YrGnQh/o | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。