スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

刺し子の花ふきん



最近、刺し子を勉強中です。
とは言っても、図書館で刺し子の本を借りて読んだり、図案がプリントされているものを買ってきて実際に刺してみたり…まだ入り口をウロウロしている感じです。
以前から興味があったのに、なんとなく手を付けられないでいました。

写真手前から“花十字”“花つなぎ”、そして奥のは“七宝つなぎ”に斜め格子を加えたもの。

個人的には、一目刺しの花十字が、手は掛かるけど一番好き。
始め、刺し子には、布を丈夫にするための補強の意味があったそうですが、それをこんな素敵な模様にして、生活を楽しんだ先人の豊かな感性に脱帽。

図案を書き写すのが大変そうですが、まずは小さい作品に取り入れながら、身につけたい。
関連記事
手編みのベレー帽 | Home | エコ洗濯始めました☆

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。