スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちびっこ展

この週末、上の子の通う幼稚園で「ちびっこ展」というイベントがありました。
4月からの一年間、園で描いた絵や紙粘土の作品などが展示してあり、家族4人で見にいってきました。

最初は入園して間もない5月に描いた自由画。
最近描いている絵に比べてなんと初々しくかわいらしいこと!
RIMG6027.jpg

それからシルエット遊びというのも面白かった。
なにかの形を切り取った黒い紙を、ノートに自由に貼って、お話を考えるんですって。
例えばお魚の形と、しずくの形を組み合わせて、
「お母さんに怒られて、お魚さん、泣いているの」といった具合。

いつも使っている教室が展示会場なので、いつもの様子がうかがえます。
「年中さんになったらこんなことするんだね~」なんて思いながら、全教室を見てまわりました。
娘も、自分の庭!といった感じで、あれやこれや説明したり、「こっちからもいけるよ!」なんて、道案内までしてくれました。

園庭に大きく展示してあったのが、1月に、年少・年中・年長を縦割りにグループ分けして作った、大きな紙芝居。
RIMG6032.jpg

これ、卵の殻を色付けして、台紙に貼り付けて作ったんですって。
大きくて、なかなか立派な出来。
ちなみにうちの子が参加したのは一番手前の、悪いおじいさんが、鼠にやっつけられている場面。
大きなお姉ちゃん達と一緒に作業をしたのがとても楽しかったみたい。
良い経験ですよね。
この大紙芝居、これから1年間、園の廊下に展示されるんだそう。じき卒園してしまう年長さんとの楽しい思い出、これをみて思い出すんでしょうね。



関連記事

テーマ: 幼稚園 | ジャンル: 育児

我が家が建つまで。 | Home | 納豆に・・・

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。